Sponsored Link

コレバインを減らせた

2月に久里浜医療センターに行ったときの、先生の言葉「コレバインの量を減らせる人もいますよ。」

が気になっていて、4月の中旬から試しに減らしてみることにしました。

一日4錠を続けていたのですが、まず2錠に減らしてみることにしたのです。

結論から言うと、大丈夫のようでした。

それまでよりも、少し緩くなった感じはあるものの、下痢の症状は出ません。ただ、前の日にお酒を多めに飲んだときは、以前よりは下痢になる確率は上がったかもしれません。

まあ、飲み過ぎについては自業自得ですから。

1月半続けて、5月末に久里浜に行って先生にそのことを報告すると、

「それはあると思いますよ。最初は下痢を抑えることで薬の量を決めていきますが、慣れてくると、むしろ便を出し切ることが大事になってくるので、下痢の症状が治まっているならそれでいいと思います。」

とのこと。

余談ですが、ということで、便秘の治療方法として、胆汁性下痢を引き起こさせるようなことも試されているとのことです。

つまり、我々、胆汁性下痢の人は、体の中に下剤を持っているということで、うまく使えばいいのだというようなことをおっしゃっていました。

では、「もしかすたら完治することもあり得るんですか?」と聞いたら、

「体質だから、それは難しいかも。」

とのことでした。

いずれにしても、薬の量を半分にすることができたわけです。

この病気(?)とは長く付き合っていかなければならないので、これからも色々と試していきたいと思います。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
Sponsored Link

このページの先頭へ