Sponsored Link

二度目の久里浜医療センター

はじめて久里浜医療センターに行ってから1か月半後の11月末、先生から診せにくるよう言われていたので行ってきました。

血液検査の結果も教えていただき、「尿酸値が高いね。」と言われた以外は特に異常もありませんでした。

診察では、「どうですか?」と聞かれたので、「コレバインですこぶる調子がいいです。」とお答えしたところ、「薬の量はどれくらいにしてる?」と聞かれたので、「一日半袋では、下痢の症状が残るので一日一袋にしてます。」とお答えし、先生からは、「一日最大で二袋までの範囲で状況に合わせて変えてくださいね。」とのことでした。

今回でこの病院に来るのも最後だと思っていて、前回来た時に、水上先生から主治医に手紙を書いていただき、症状を説明していただいて、今後は主治医の方からコレバインを処方していただく予定だったのですが、実は主治医から、自分のところでは高脂血症でもない限りコレバインは出せないよ、と言われてしまっていました。

なので、今回の診察のときに水上先生から、家の近所で先生のお知り合いの開業医の先生でコレバインを出していただけるところを紹介していただこうと思っていたのです。
先生に、主治医からコレバインは出せないと言われたことを伝えると、「保険局がうるさいからね。(今回の血液検査の結果をみて)高脂血症出てないもんね。しょうがないよ。うちで長めに出しておくから、3か月ごとに来なさい。」ということになってしまいました。

頭の中で、「水上先生に見てもらうのはいいことですが、なにせ遠い(約2時間)ということ、でも年に4回だけと思えば、、、」などと葛藤して、さらに紹介をお願いすることはせずに、3か月に一度、久里浜に通うことに納得しました。

同時に水上先生に診てもらうなら、主治医のところで年に一回受けている大腸の内視鏡もここでやってもらおうか、と軽く考えて「こちらでも受けられますか?」と聞いたら「いいよ。やってあげるよ。」とのこと。また頭の中で、「すでに次回は主治医のところで1月に予約していること、主治医の検査は麻酔を使うので無痛で楽なこと、、、」を考えて、「ちなみにこちらの検査は麻酔を使いますか?」と聞いたら、「使わないよ、全然痛くないよ。」とのことでした。

「1月に主治医のところで予約してる。」というと、「うちでもそのときくらいなら出来るよ。予約していく?」と言われて、麻酔なしの検査は受けたことがなく、とっさに「今回はいいです。」と答えました。来年以降で久里浜で受けることも考えることにします。

コレバインは、処方箋を出していただいて地元の薬局で出してもらいます。最初にコレバインの処方箋をもって薬局に行ったときには、薬局に薬がなくて取り寄せて家に届けてもらいました。あまり使われない薬のようです。
いつもは聞いてもいないのに薬についての解説を詳しくしてくれて、症状についても色々と聞いてくる薬剤師さんですが、この薬については何も言いません。唯一、お湯といっしょに飲むと薬が膨れ上がってしまうようなので、冷水で飲むようにとのアドバイスでした。お湯は使っていませんが、水に膨れるような感じは今のところありません。

薬の飲み方も、いろいろと自分で試しながら飲み方を変えてます。
先生からは朝起きたらすぐにか、一日二回なら夜と朝と言われていて、ずっと朝起きてすぐに一袋を飲んでいました。
通常はそれで調子がいいのですが、休日のある日、朝飲むのを忘れていて、朝食を食べようとして気づき、すぐに飲んでから朝食を摂ったことがあるのですが、実はそのときに朝食後に軽い下痢になりました。試しにもう一度、朝食寸前に薬を飲んでみたら、やはりちょっとおかしくなったので、今は夜寝る前に約半分を、朝起きてから残りを飲むようにしています。

今のところ、それで快調で、朝、薬を飲んですぐに朝食を摂っても問題ありません。

あまり素人考えで勝手なことはやるべきでないかもしれませんが、先生から、一日MAX二袋で様子を見ながら、というお言葉をいただいているので、その範囲での試みとしてやっています。次回、久里浜に行くときには、もう少し状況証拠を集めて先生に報告しようと思います。

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
Sponsored Link

このページの先頭へ